メンタルケア心理士の問題

メンタルケア心理士の資格を取得するには試験に合格する必要がありますが、その試験内容ですが、大きく分けると文章作成と学科に分かれています。
それらの試験内容について、より詳しく解説させて頂きましょう。
文章作成においては学科出題範囲、そしてガイドラインの事項についての記述問題となっています。
総文字数は800文字程度となっているのが一般的です。
そして学科試験ですが、大きく分けて三つの分野に分かれています。
精神解剖生理学、精神医科学、そしてカウンセリング基本技法の内容をいかにマスターするのかが合格のポイントです。

 

↓↓↓初学者を合格に導くヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

出題範囲の詳細

まず精神解剖生理学では、生化学の基礎知識が必要です。
それ以外にも、解剖生理学に関する基礎知識、そして薬についての知識に関しても試験の範囲となっているのでケアしておきましょう。
精神医科学では、精神障害についての基礎知識、そして身体疾患と精神症状についても基礎知識が必要です。
またそれ以外にも、薬剤についての基礎知識が試験問題として出題されます。
カウンセリング基本技法では、カウンセリングのそもそもの目的、そしてカウンセラーの存在意義、カウンセリングを行う上での倫理などが試験問題となっています。

 

メンタルケア心理士について詳しくない方であれば、メンタルケア心理士の試験は、各都道府県などの試験会場に足を運んで受けるものだと思われているかもしれません。
しかしメンタルケア心理士の資格試験には、試験会場はありません。
というのも、試験は在宅で行われる形となっているのです。
この理由は、地域的な理由で試験会場に行けないといった方を無くす為であり、しっかりとした配慮がされています。

 

内容的にはこのストレス社会で心の病気を抱えている方も非常に多くなっており、心理学や生物的な分野の他に社会心理や、人間としての心の健康を考える機会の増えた内容も多く、そういう方面のニーズも近年需要も高くなっています。