メンタルケア心理専門士の問題

メンタルケア心理専門誌の試験は学科50問です。
メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士よりも問題数が二倍となっているのが大きな特徴です。
その出題範囲をご説明すると、精神予防政策学、カウンセリング技法、応用生活心理学、そして面接技法、精神医科学緒論と、准メンタルケア心理専門士と基本的には同じとなっていますが、学科の問題数が倍となっていますから、より細かくケアレスミスの無い様な学習が必要です。

 

↓↓↓初学者を合格に導くヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理専門士の資料が手に入る↑↑↑

 

試験問題の具体的な出題範囲

まず精神予防政策学では、健康の定義や病気の定義、そして精神衛生の援助サービスについて学ぶ必要があります。
それ以外には、職場における心的環境整備精神疾患予防に関わる職域、そして精神科リハビリテーション概要に社会と人が試験問題の出題範囲です。
次にカウンセリング技法は、心理療法が出題範囲となっており、ヘルスカウンセリングやピアカウンセリング、その他療法についてもカバーする必要があります。

 

応用生活心理学では、時間的流れから見た心理が範囲となっていて、主な内容として胎児から青年へ、に関して学習しておきましょう。
家庭内心理学では、生活の役割が試験問題の範囲です。
また発達課題とストレッサ―にも出題される可能性があります。

 

面接技法では、守秘義務・倫理やカウンセリングの準備、心理アセスメント、またコミュニケーション方法やラポートと共感、看護とカウンセリングが出題範囲です。
最後に精神医科学緒論です。
ここでは処方せん学、事例検証、そして検査学が試験問題として出題される可能性があるのでカバーしておく必要があります。

 

メンタルケア心理専門士は、数あるメンタル心理系の資格の中でも最難関に当たる資格です。
その難易度としては、合格率はおよそ41パーセントとされており、内容としてはメンタルケア心理士で習得した基礎を、より専門的にした内容となっていますのでしっかり対策しなければ試験に落ちてしまいますので注意しましょう。